金冷法とは文字通り
玉を
やす方
です。

マイナスにマイナスをかけるとプラスになる

本来、この方法は早漏対策であるはずなのですが、実践すると逆効果(早漏が加速)になってしまいます。
つまり、インチキ早漏対策です。
しかし、逆に考えると早漏が加速=早く射精することになるため、遅漏対策には効果的となります。

金冷法は冷やす→温める→冷やす(→温める→冷やす)のサイクルで行います。
余裕があれば3回冷やして下さい。

冷やす方法

1分間睾丸に冷水をかけて下さい。
洗面器に水を張ってそこに睾丸を浸してもシャワーをかけてもOKです。
冷たすぎると負担がかかりますので、1分間続けても問題ない温度に調整して下さい。

温める方法

温める場合は温かいお湯を1分間あてればいいのですが、入浴中ならそのまま湯船に浸かればOKです。
というか入浴中にした方が楽です。

金冷法の効果を上げる方法

睾丸とその周囲の温度が高いと金冷法の効果が下がってしまいます。
ですので、体温がこもりやすいブリーフはおすすめできません。
日常生活でノーパンというのは問題がありますので、風通しのいいトランクスにして下さい。
もちろん寝る時はノーパンでOKです(笑)。